初秋

ひとりで歩いた 傘をさすのも忘れて 
とても冷たかった これっきりかと思うと 
ねえあなた 薄れていかないの 
あの日が あなたが 

もういい やめようって 
それだけのことだったの 
すぐにわすれてしまうの 

とてもとても 大切だった 
あなたを失って 
ぽっかり穴があいてる 

遅くなった夜 星を見ながら帰る 
少し疲れた うまくいかない日だった 

ねえあなた これじゃ弱虫かな 
つらいよ 逢いたい 

やっぱり 誰よりも 
あなたがいいの 
しかたない事 思うよ 

うまく優しくできなくて 
甘えきれなかったこと 
ごめんね もう遅いね 

こんな涙の中でも 
時は容赦なくて 
私も今日を歩いてる 

朝が来れば 服を着替えて
背中のばして 行くの 
何かに向かってるんだと信じて 

もうすぐ それぞれの秋ね 
心もだんだんに 
塗り変えられてゆくんだろう

一個人踽踽獨行 連傘都忘了撐
已經如此冷漠 我猜就到此為止了吧
喂腦海中的你 不會漸漸褪色嗎
那一天的你

夠了 還是算了吧
你我之間也不過如此罷了
我很快就會忘得一乾二淨的

失去了
對我而言非常非常重要的你
心裡好像突然破了一個大洞

遲歸的夜裡 望著星星踏上歸途
帶著一絲疲倦 諸事不順的一天

喂你覺得 我這樣很沒用嗎
好痛苦啊 好想見你

果然 你還是
比任何人都好 
腦中淨想著 已經沒法挽回的事

沒能好好溫柔待你
沒能多跟你撒撒嬌
真抱歉 已經太遲了對吧

即使在淚眼朦朧中
時間也毫不留情地奔流
我還是得一步一步走過今天

早晨來臨 換好衣服
伸個懶腰 出門吧
我相信我正朝著某個方向前進

秋天就快來了 兩人各自過的秋天
我們的心也會
漸漸染上不同的色彩吧