冬の陽

次の冬をどんなふうに迎えるかは、 
今はまだわからない 

ねえ 聞いたことがある? 
白い雪の上に また降りつもる 雪の白い音 

逃げこむように 夢中になる 
夢中になることで 今を忘れる 
かなしみなら もう両手いっぱい 
時には もう押しつぶされそうになるけど 

ああ やわらかな金色 
窓越しの私に 今ふりそそぐ 陽の匂いがする 

朝が来たね また始まる 
からだの奥 少しずつよみがえる 
泣いてるけど 朝が来るの 
心だけは強く持ってと 聞こえる 

次の冬をどんなふうに迎えるかは、 
誰にだってわからない 

今を生きて そこに見てて 
せいいっぱいできるのは ただそれだけ

将会如何迎接下个冬天 
现在 我还不知道 

欸 你听说过没? 
在皑皑白雪之上  还会飘积起 雪花的纯白音声 

就像为了逃避什麽似地 热中着某事 
因热中着某事 而忘掉了现下 
说到悲伤 我早已是双手满载 
甚至时常 几乎要被压垮 

啊 柔和的金光 
透过窗户照耀着我  现在倾泻而下 阳光的芬芳 

早晨到来了呢 新的一天又开始了 
体内深处 一点一滴逐渐甦醒 
虽然昨夜痛哭流涕 早晨还是会来到 
我听见一个声音告诉我 \"唯有心灵要练就坚强\" 

将会如何迎接下个冬天 
任谁都不知道 

活在当下 然后去见证答桉 
我们所能全力以赴的 就只有这件事而已