夕暮れの帰り道 夕阳下的回家路

来自专辑


作曲
作词
演唱
编曲

やっと会えた 目をかわして ならんで歩きだす径(みち) 
陽だまりでも 木枯らしは冬のなごり 

ふりそそぐように 肩に髪に 日が射してとてもきれい 
私はただ 言葉もなく見てしまう 

そう 今は時がとても早い 追いかける毎日 
言葉たりなくて つらい思いをする日があっても 
そんなふうに なんでもなく微笑んでくれると 
報われたようで 涙がでる 

借りた本は もう待ってた 同じものを好きなんだと 
わかるだけで 似てる何かがうれしい 

Now it\'s only to believe 
出会えたこと 今ここにいること 
私は きっと この人を大切にしようと 
そう思った 祈るように胸のうちで誓う 
たいじにしたい いつまででも 

歩くうちに 話すうちに 心あたたかくなる 
それはあなた いつもあなたの力 

もう陽が落ちるね さむくなるわ 帰ろう

终于碰了面 交换了个眼神 一齐并排走上那条小路 
虽然阳光普照 萧索的寒风却还留有冬天的馀威 

倾注在肩膀上头髮上的灿烂阳光 好美啊 
我只是 默默无语地观赏着这幅美景 

是啊 像现在这样过着光阴似箭 竞相追逐的每一天 
即使与你少有交谈 独自抱着苦闷的思念过日 
一旦你像那样子 若无其事对我微微笑的话 
就像得到回报似地 泪如泉涌 

借来的书还在等着我看 只因我知道 
你也喜欢同样的东西 任何与此相似的东西都教我欣喜 

Now it\'s only to believe (此刻只能去相信) 
能够相见的这件事 与现在身处此地的这件事 
\"我一定 会珍惜眼前这个人\" 
这麽想着 犹如祈祷一般在内心立下誓言 
想去呵护你 直到永远 

当我们走路的时候 说话的时候 心头一点一点暖了起来 
那都是因为你 从来都是因为你带来的魔力 

太阳已经下山了呢 天有点冷了 回家吧