●第8号掲載分(1997年5月16日)

kasai2

こんにちは。私のここ1ヶ月は慌しい毎日でした。でも、やっと音楽生活の話ができて嬉しいです。

まず、ある女の子のアルバムのレコーディングで、「ハミング」以来9ヶ月ぶりに、サウンドプロデューサーの長谷川氏と再会。あいかわらず、楽しくて繊細なニコニコさんです。
私は今回、2曲作ったのですが、最近は題名をつけるのにやけに悩むことが多く、このレコーディング中も「Sunny-sideの歌」・「さびしいほう」なんて仮の題をつけていました。早く決めないと、このまま出てしまったら大変だ。
連休前には、作曲を担当することになったミュージカルの台本が届いて、読むうちにすっかり入り込んでしまった私。それから1週間は、♪♪踊りましょ!歌いましょ!ラーンララララン♪♪という毎日で、ちょっと不気味だったかも、と思います。
でも、まだ終わっていないので、これはもうしばらく続く。せめて外に出た時は気をつけようと思ってます。可愛くてエモーショナルな曲を、いっぱい作りたい。
セルフカバーアルバムの準備も始まりました。2日間、スタジオにも入り、ジャケットデザインの第1回打ち合わせもしました。胸の中のドキドキやワクワクがふくらんで、だんだん気持ちが日常から離れていきます。
こんなふうにいくつもの事を同時に進めていくのは、私はあまり得意ではありません。ふっとテンションが下がる”谷間”の1日があると、やるべき事は山ほどあるのに、どれから手をつけていいかわからなくなってあせるばかりで、時々「落ちついて、落ちついて」と唱えています。でも、結局は目の前の事に集中して、ひとつずつ作り上げていくことだ。
1曲1曲に気持ちの宛先があるので、早く聴いていただける事、誰かの心に届く事を励みに、今、私は本当に楽しくできています。
なんだかよくわからないけれど、心からありがとうの気持ち。がんばろう。

5月○日(日)夜、TVを観ていたら、つぶやきシローが映った画面に「ロンリー・ウィスパー」の文字。私のCDの帯に「ウィスパー・ボイス」と書かれているのを知っている私の家族は、大爆笑。
頭の中で、ピッと2人が並んだらしい。・・・なんかやだな。
でも、私もこれには笑った。「ロンリー・ウィスパー」だなんて、うまい!

5月○日(土)自殺の報道を聞いて、いろんな思いがうず巻く。追いつめられた時こそ、「その事」だけが全てではないこと、「今」はいずれ変わっていくことを思い出して、と思う。
自分にも肝に銘じる。未来への道を自分で絶ってはだめ。

大家好。最近一个月我是整天忙得喘不过气来。但总算能谈谈自己的音乐生活了,好高兴。

首先是在某个女歌手的唱片录制现场见到了长谷川先生,从《ハミング》之后大概有9个月没见过面了。他还是一如既往,总是开心地笑个不停。
我这次一共作了两首曲子,但近期一直是在取名字的环节卡住,这张专辑里也只是临时取了
《Sunny-sideの歌》与《さびしいほう》这两个名字。如果还不快点决定,就这样出版的话真会被人笑死的。

在连假之前,收到了我担当作曲的音乐剧剧本,读的时候不知不觉入了迷。之后一周,每天都是在伴着音乐起舞、欢歌、LALA……仔细想想,的确有一丝可怕呢。
但毕竟工作还没有完成,暂且只能这样继续下去了。姑且在出门时更加小心便是了。真心期待着能作出许许多多可爱又不失煽情的曲子。

马上要开始自制专辑的准备(译者注:这里应该指的是《Ritzberry Fields》^_^)。期间还要抽出2天时间去一趟录音室,进行唱片袋设计的初次商谈。心中充满了紧张与疲惫的情绪,感觉自己渐渐远离了向往的日常生活。
像这样同时进行多件事可不是我所擅长的事。终于能有个喘息一下的休息日,但要做的事却堆成了小山,不由得火气冒了上来:到底该从哪儿开始入手呢,然后赶紧对自己嘀咕道:“冷静、冷静”。但说到底,人还是得集中精神于眼前的事,一件一件予以解决。
每一首曲子都饱含着我当时最真实的心情,真想让大家早些听到,一想到或许能给与某人哪怕点滴的激励,自己便高兴得手舞足蹈起来。
心中莫名地涌上一股感谢的暖流。FIGHT。

5月某日(星期日)晚上,在看つぶやきシロー(译者注:一档在日本超有人气的搞笑类电视节目)的时候,画面上出现了“ロンリー·ウイスパー(lonely whisper)”的字幕。我家人知道我的CD里有写过“ウイスパー·ボイス(whisper voice)”,所以爆笑起来。
感觉自己的智商降到了和那种人一样的程度……超受打击。
但自己还是忍不住笑了出来。“ロンリー·ウイスパー”这种话,真是太有才了!
5月某日(星期六) 听到了一条自杀的消息,便不由想起了许多。我觉得,越是痛苦不堪的时候,越应该想到“这样的事情”决不是人生的全貌,“现在”一定会为新的明天所取代。
有句话我始终铭记于心。决不要亲手埋葬自己的未来。